注文住宅の家を建てるときの依頼先!?ハウスメーカーを選ぶときのポイントなどをご紹介

このサイトでは注文住宅を建てる際のハウスメーカーの選び方について説明します。
家を建てた後も付き合いが欠かせないので、家を建てた後のケアを親身になって行ってもらえるか確認が必要で、入居後は住宅のトラブルや不具合が起こりやすい為どのような事に気をつける必要があるか分かりやすく説明してくれる担当者が必要になります。
時間経過と共に家は老化するので修繕が必要になる場合があるので具体的な提示を示してくれる担当者が理想です。
また坪単価に見合いる方がトラブルが少ないです。

注文住宅の家を建てるときの依頼先!?ハウスメーカーを選ぶときのポイントなどをご紹介

坪単価が予算に合うハウスメーカーを絞り込む事で予算内で家を建てやすいメリットがあります。
メーカーにより坪単価は30万円から150万円と幅が広いので、事前に予算を決めておけばハウスメーカーは絞りやすいです。
注文住宅を営業担当者に任せてしまうと費用が予算内に収まらなかったり、高価な建物を建てられると困るので、家主の要望を理解して親身になって相談できる人が良いです。
ハウスメーカーの担当者とは家を建てた後も付き合いが続くので良い関係を築ける事が必要です。

ランキングを使えば各ハウスメーカーの特徴を把握できる

家を建てる事は、一生に一度あるかどうかの大仕事です。
注文住宅を依頼するにあたって、一番大事な事はハウスメーカーを決める事でしょう。
しかし、どの工務店を選べばいいのか分からない人は多いです。
確かに各ハウスメーカーにも、それぞれ特徴があります。
ハウスメーカー選びに悩んでいる時は、ランキングを参考にする事をおススメします。
サイトでは各工務店それぞれの特徴を知る事が出来ます。
工務店ごとに、得意な事や苦手な事があります。
豊富な情報量と利用者の口コミ情報などが、簡単にチェック出来るます。
他にも、モデルハウスの来場予約をした場合の予約特典情報など、お得な情報も得られます。
もし工務店のカタログが欲しい場合はサイトから、カタログを注文する事が出来ます。
カタログを見て、どんな家を建てているの確認出来るし、自分が建てる家のイメージを膨らます事も出来ます。
迷っているだけじゃなく専門家の意見を聞く事も重要です。
専門家の意見を聞きながら自分の意見も、聞き入れてくれるか担当者との信頼関係も大切です。
ランキングサイトではコミ情報などもチェックして、自分に合ったハウスメーカーを慎重に選びましょう。

ハウスメーカーはそれぞれ得意な構造・工法がある

ハウスメーカーは、同じようなサービス内容になっていると他と差別化を図ることができなくなります。
ビジネス上、顧客を獲得するためには独自性を見出して、それを主張することでより特徴的なサービスを提供できるようにしています。
実際に、ハウスメーカーにはそれぞれが得意としている分野や工法は全くといっていいほど違います。
例えば、日本のハウスメーカーの多くは木造建築を主体にしてそれを得意としているところが多い現状です。
元来、日本は木造家屋に対する造詣が深いので、これを基本的なノウハウとして経験を積んでいくことで独自性の強いサービスとして昇華させている傾向があるためです。
また、こういった日本家屋風の住宅だけではなく海外の住宅を日本で実現するための企業努力を行っているところも少なくありません。
レンガ造りの住宅などは、それまでの日本では難しかった工法であり、これを輸入住宅という形で取り入れることで独自性を出している業者も存在します。

ハウスメーカー選びで最初に行うことは予算を決めること

ハウスメーカーへの相談を行う場合には、予算の上限を決めておいてその範囲内で満足のいくサービスを受けられるようにしておくことが重要です。
元々、ハウスメーカーは様々なサービスを提供していますのでどういったプランを選択するのかが大切です。
例えば、モデルハウスを参考に住宅購入をしたい場合にはプランが決まっていますので、見積もりを計算しやすい特徴が存在します。
一方で、大手のハウスメーカーの中には注文住宅などの細かな要求ができるプランも存在します。
その中でも、特に注意が必要なのがフルオーダーの注文住宅でコストが大きくなりがちです。
注文住宅は、素材から構造までこだわりを持って相談していくことができるものなので、あらかじめ予算の上限を決めておかないと際限がなくなってしまいます。
実際に、非常に高性能で審美性の高い住宅を期待する場合には1億円以上もの金額が必要になるものもあります。
こういったことにならないようにするためにも、事前の見積もりや諸費用の考え方は大切です。

欲しい機能・デザインの優先順位を決めてハウスメーカーを絞り込む

注文住宅を建築する際に、ハウスメーカー選びに悩んでいるという人がいるかもしれません。
どの業者もメリットとデメリットがあり決めかねているのであれば、絶対にほしい機能やデザインの優先順位を決めながらハウスメーカーを絞り込んでいくのがおすすめです。
注文住宅を建築する前に、複数のハウスメーカーに見積もりを作成してもらいます。
提示してもらったプランの内容や予算のバランスを検討しながら、自分に合った業者を選んでいくようにしましょう。
その際には価格などのコスト面だけを考慮するのではなく、譲れないポイントやデザインなどを取り入れている上手く取り入れた家づくりをしている業者を選定するのがおすすめです。
住宅は人生における大半の時間を過ごすことになる重要な場所と言っても過言ではありません。
暮らしやすくて住み心地の良いマイホームを手に入れるためにも、自分が大切にしたい項目に優先順位をつけて家づくりに取り組むのが最善です。

著者:阪田幸彦

筆者プロフィール

山形県山形市生まれ。
子どもが産まれたのをきっかけに夢のマイホームを購入。
自分の体験からハウスメーカー選びのポイントをまとめました。
山形市のハウスメーカー